講演者一覧

石原 政樹いしはら まさき

石原 政樹-写真
講演タイトル
[対談]『神(噛み)結びの2人のプロが伝える願望成就の秘宝』
石原 政樹 プロフィール
ロゴストロン株式会社 代表
学生時代から、禅僧である祖父の影響で座禅に親しみ、高校時代に超越瞑想を学ぶ。学生時代にキャプテンを務めた剣道部の稽古の後、しばしば幽体離脱を経験。
20代後半には1日10時間を超える瞑想中にエネルギーが覚醒し、一切の存在と融合するという神秘体験をする。
その後少林拳、少林武術、太極拳、古武術、気功、気導術、ヴィパッサナー、阿字観、肥田式強健術等、高名な師匠の下で幅広く学び、崇山少林寺では14代館長釈永信管長より動功の免状を授与される。
また、学生時代に船井幸雄会長の書籍に影響を受けたことがきっかけで船井幸雄グループの門を叩き、社員として10年間、ビジネスとスピリチュアルの両面を学ぶ。
現在、伯家神道・言霊学伝承者でありロゴストロン理論創始者の七沢賢治のもと、ロゴストロン株式会社取締役として事業と古神道の修行に励んでいる。

概要

タイトル
[対談]『神(噛み)結びの2人のプロが伝える願望成就の秘宝』
出演日時
2017年9月23日(土・祝) 10:00~10:50
会場
小ホール
備考
[ゲスト対談]石原 政樹 × 奥 慶仁

小ホールの入場につきましては、講演ごとの入場整理券(全220席)が必要となります。入場整理券は、各々講演当日9:30~総合受付にて配布致します。

メッセージ

日本神話にあるイザナギとイザナミにより「国生み」のステージは、既にわたしたちの口の中に用意されています。
矛(ほこ)の役割をする舌が、カラダの中心から生まれる息吹を、顎(あご)と“子音と同数(32)”である歯がつくる空間と、「産霊(むすび)」言葉(言霊)という雫(しずく)に統合して、大海(世の中)に落として国を生む。
つまり願望を成就させる、神話そのものが口の中にあるのです。
大切なのは自分が、その時何ものにも振り回されない状態“中今”にあるかどうかだけです。

≪ 講演者一覧へ戻る

ページのTOPへ