ご購入はこちら

講演者一覧

飛鳥 昭雄あすか あきお

飛鳥 昭雄-写真
講演タイトル
宇宙の絶対的真理を知る!!
飛鳥 昭雄 プロフィール
サイエンス・エンターテイナー
漫画家・小説家・オカルト研究家・文化タレント・ジャーナリストの肩書きを持つ「サイエンス・エンターテイナー」。
単体出版物は100冊を超え、雑誌、DVD、インターネット、講演、各種イべント、ツアーと、関わる分野は無限大。歩くメディアミックスと自称している。

主な著書:学研ムー・ミステリーブックス
他に小説「怨霊記」、ゲーム「THE UNSOLVED」など

概要

タイトル
宇宙の絶対的真理を知る!!
出演日時
2018年4月21日(土) 18:00~19:30

メッセージ

 私は最先端科学を導入して様々な対極構造にある「オカルトvs 科学」、「迷信vs常識」、「宗教vs 哲学」の統合を使命としています。
 今回の総合テーマにある「宇宙」と「光」についても、一般的には難しい「宇宙物理学」と無縁ではありません。
 たとえば、現在の宇宙物理学の常識は、「宇宙は重力で成立つ」ですが、確かに重力が無いと、太陽系の地球を含む全ての天体や、銀河を構成する全恒星系が互いに引き合う力を無くしてバラバラになります。
 ところが、その重要な重力の正体が全く分かっていないのです。
 その一方、宇宙の根幹をプラズマとする「プラズマ宇宙論」が登場し、スウェーデンのハンネス・アルベーンがノーベル物理学賞を獲得しました。
 宇宙の殆どがプラズマで成り、ビッグバンも無かったことを、物理学的に証明したもので、そのプラズマの同義語が「光」ですから、最先端科学では宇宙の支配者は光となります。
 それを発展させると、重力はプラズマが生み出す現象で、ビッグバン理論最大の矛盾「宇宙の深淵ほど銀河の数が増える」仕組みさえ解き明かしてしまいます。
 光は全ての生命の肉体と心、特に高等生命体ほど精神的に必要なもので、人は光を遮蔽された世界では精神を正常に保てません。その意味は光が生命の根源だからで、全宇宙とつながる唯一の方法だからです。
 裏を返せば、人の「人生」を豊かにするには、宇宙と一体化する光を物心両方で感じることで、それを人生に応用すれば、闇に陥らずに光の中を歩むことになります。
 あの暗黒の宇宙空間でさえ、無数の光の粒と渦を覆い隠せないのは、光が闇に勝つからであり、光を人生に置き換えれば、人の優しさであり、互いに愛を与えあえば与えあうほど無数に増えて、減ることはありません。これが宇宙の真理とつながっているのです。

≪ 講演者一覧へ戻る

ページのTOPへ