ご購入はこちら

講演者一覧

大住 力おおすみ りき

大住 力-写真
講演タイトル
“ひまわりのやうに”いきる…
大住 力 プロフィール
公益社団法人 難病の子どもとその家族へ夢を 代表
(国際ビジネス賞2014年スティーヴィー賞金賞受賞)
ソコリキ教育研究所 所長
株式会社ハウステンボス元顧問、国立富山大学、東京家政大学非常勤講師、山野医療専門学校元講師 ほか
略歴:東京ディズニーランド等を管理・運営する㈱オリエンタルランドに入社し、約20年間、人材教育、 東京ディズニーシー、イクスピアリなどのプロジェクトの立ち上げや運営、マネジメントに携わる。東京ディズニーリゾート全般のマーケット戦略・コンテンツ開発や、人材教育の領域では、現場の組織活性を目的にディズニーランドの創始者であるウォルト・ディズニー氏の研究会を立ち上げ、そのリーダーとして現場の指揮向上に努めた。
現在は、難病を患う子どもとその家族への応援を目的とした(非営利組織)公益社団法人 「難病の子どもとその家族へ夢を」を2010年3月に設立し、代表を務める。2012年11月に内閣府に公益性を認められ、公益社団法人となる。 「“いま”を生きる」、をテーマに、難病を患う子どもと家族への応援と共に、誰でもが持っている「底力(ソコリキ)」を応援するべく、教育現場から、企業の人材育成研修や刑務所の受刑者矯正教育、また講演活動など幅広く活動している。
著書・DVD:「ディズニーのすごい仕組み(かんき出版)」、「ディズニーの最強マニュアル(かんき出版)」(本・DVD)、「ディズニーの現場力(かんき出版)」、「一生の仕事が見つかるディズニーの教え(日経BP社)」、「もしもディズニーが店長だったら(日経BP社)」、「わたしは、いま、とてもしあわせです(ポプラ社)」
その他:ドキュメンタリー映画「Givenギブン~いま、ここ、にあるしあわせ~」企画・総指揮

概要

タイトル
“ひまわりのやうに”いきる…
出演日時
2018年4月21日(土) 10:10~11:30
※10:00~10:10 オープニング「ひまわりのやうに」

メッセージ

女性和太鼓奏団「ひまわりのやうに」は、「公益社団法人 難病の子どもとその家族へ夢を」の活動を通じて知り合った母親たちで結成しました。月に1回だけ全員で集まり、合同練習を行いますが、正直、それも、なかなか“確約”はできません。なぜなら、子どもの病状や健康状態、そして家族の協力も大きく左右されるからです。1か月は30日。そのうち1日、しかもその、半日の12時間だけ、家や病院を離れ…皆で集い、限られた時間の中で和太鼓を響かせます。当団体では、そんな家族自身が自らの足で前に歩み出そうとする活動も、永続的に応援しています。そしてこの活動を通して、女性の真の美しさや可能性、さらに「家族・いのち・しあわせ」の素晴らしさ、を広く社会へ提供していきたいと考えています。想いを込めた彼女たちの和太鼓の響きに、是非、あなたの“生きる”を重ねてみてください。

女性和太鼓奏団「ひまわりのやうに」

難病を患う子どもを授かった『全員“母”たち』で結成。全員が和太鼓と向き合うのは初めてでしたが、心の痛みや不安を抱えながら過ごす日々の中、月にたった一日だけ集まり、無心でバチを振るい、練習を重ねています。同じ想いをもつ者同士がつながりをもつことで、励まされ、気づかされ、笑顔を取り戻せるのです。ひまわりのように、太陽に向かって、胸を張って、背筋を伸ばして…。一人ひとりの生き様を、和太鼓の響に乗せて表現します。

≪ 講演者一覧へ戻る

ページのTOPへ